ネズミ撃退!…超音波ならコレがお勧めですよ!

超音波を利用したネズミ撃退機器の【ネズミガード】をご紹介!

こんにちは、最新の “おすすめ情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は、ネズミによる被害対策としてのお勧め撃退法!

……超音波を利用したネズミ撃退機器の【ネズミガード】をご紹介させていただきます。

ネズミの主な侵入ルート

なんだかゴソゴソ・ガタガタ……屋根裏や壁の中、深夜のキッチンで物音がしたらネズミが侵入している可能性が高いです。

ネズミは外壁の割れ目や屋根と壁の隙間、エアコンの導入部や通気口から侵入してくるのが一般的です。

わずか2cm程度の隙間からでも難なく入り込んでくるんですね。

はじめは壁の内側を徘徊し、水回り等の壁が腐食していて、穴を開けやすい部分を見つけて出入り口を作ります。

人の目が及ばないような高所や狭い場所からでも侵入してくるので、侵入経路を素人が見つけ出すのは非常に困難ですね。

特に築年数の多い木造住宅はあちこちに破損部分や隙間があり、ネズミにとっては侵入し易い状態になっているのです。


  

ネズミは、不衛生な生き物です。

排泄物にはサルモネラ菌が含まれている事があります。

そしてそのネズミは、キッチンを餌場にしています。

食べ物を放置したままにするとサルモネラ菌が食物に付着して人の口に入り、食中毒になる危険があるので、注意が必要です。

更にネズミはダニを媒介します。

ダニよる激しい痒みに悩まされている人の中には、その原因をネズミが撒き散らしているとも知らずに、ダニ対策を続けている場合があります。

ネズミが徘徊する場所は布団やソファがある場所もあります。

忌避剤等を使用しても撃退しきない場合が多く、様々な健康被害を引き起こしてしまうのです。


ネズミからは足音の他に、鳴き声を発する事もあります。

基本的に夜行性なので、人の寝静まった頃に動き出します。

少しでもネズミの気配を感じたら、できるだけ早めの対策が必要です。

ネズミの侵入ルートを特定するのは容易ではありませんが、出入り口を見つけて塞ぐという対処方法はネズミ駆除をする上では不可欠です。

家の周囲を小まめにチェックしたり、部屋やキッチンの整理整頓を心がけ、ネズミが身を隠す場所を作らない事が必要です。

更にキッチンの食べ物の管理や生ゴミの扱い、ゴミ集積所の衛生状態にも気を配りましょう。

この様な、ネズミが近寄り難い環境を維持し続ける事も必要です。

その為には、近近隣住人とのコミュ二ケーションを図り、協力し合う事も必要な場合もでてきます。


残念な結果に終わる “よくあるネズミ撃退法!”

【よくある対策 その1】

■毒エサをばらまいて退治する!

一昔前は、主に床下の下水管付近からの侵入が多い大型のドブネズミによる被害が目立ちましたが、最近はクマネズミによる被害が拡大しています。

クマネズミはドブネズミよりひと回り小さく、17cmから25cm位の大きさで、警戒心が強いのが特徴です。

人の気配を感じると、直ぐに隠れてしまいます。

その為、住人が被害に遭っている事に気が付くまでに何ヶ月もかかり、被害が大きくなる事があります。

しかも、高所での移動が得意なので、住宅が高層化してもベランダや窓から簡単に侵入する事ができるのです。

撃退する方法としまず思い付くのが、毒エサをばらまくという方法でしょう。

クマネズミは雑食性ですが、動物性のものより穀物を好んで食べる習性があります。

毒エサとして頻繁に利用されているものの中に、ワルファリンを主成分とする商品があります。

この成分が含まれている商品は、ホームセンター等で安い値段で購入する事ができるので、長い間毒エサとして使用されてきました。

しかし、最近は耐性を持つ個体が見られる様になってきているのです。

これはスーパーラットと呼ばれ、毒エサを食べても効果が期待できず、費用ばかりが増えていくということになります。

運よくスーパーラットではない場合なら効果がありますが、壁の中の死骸を処分する事はできず、害虫による2次被害が発生してしまうのです。

そして毒エサによる撃退方法を続ければ、ネズミは害虫を捕食するので、悪循環が起こってしまいます。

安易に毒エサを使用する行為は、効果が得られないばかりか、被害を拡大させてしまう可能性もあるのです。

どうしても毒エサによる撃退方法を試すのであれば、ワルファリン以外の効果が期待できる薬剤を使用し、害虫の発生し難い冬季に行うのが無難です。

更によく利用されるのが、忌避剤による撃退法です。

天然ハーブを主成分とする忌避剤は、スプレータイプのものと設置型があります。

どちらもはじめは効果がありますが、時間が経つと慣れてしまうのです。

忌避剤による方法は一時的に驚かせて近寄らなくする事はできても、根本的な解決にはならない事が多いのが現状です。


【よくある対策 その2】

■粘着シートを使って捕まえる!

ホームセンターには数多くのねずみ撃退対策グッズが売られています。

中でも粘着シートを利用した駆除方法は費用もそれ程かからないので、多くの人が利用してることでしょう。

市販の粘着シートは一つ200円から300円位なので、気軽に利用できる駆除方法と言えます。

この粘着シートは強力な粘着力があります。

しかし、ネズミはあちらこちらと徘徊しているので、足に油や水分を含んでいる事が多く、捕獲できずに足跡だけが残っている場合もあります。

大量に購入して数多く設置する人もいますが、誤って足で踏んでしまうと靴下を一つダメにしてしまう事もあります。

他にも衣服に付いてしまったり、飼っているペットに被害が出てしまうというリスクも生じます。

更に、隅に置きやすい様に筒型になっているものや、暗がりに潜む習性を利用して内側が黒くなっている粘着シートもありますが、現実は設置する場所による影響が多く、思う様な撃退効果を実感できない場合が多いでしょう。

そして、ネズミは学習能力が高く、いつもと周囲の環境が変わっただけで警戒心を高めます。

設置した粘着シートに近づかず、明らかに粘着シートを避けて通る事さえあります。

粘着シートを利用してネズミを捕獲しようとするのなら、まずは通り道を見つける事が先決です。

同じ場所を何度も通る習性があり、通り道にはラットサインと呼ばれる形跡が水回りを中心に残されています。

壁や床が薄汚れていたり体毛が付着している場所です。

その周囲には黒い粒状の糞が散乱している事もあります。

その様なラットサインが見られる場所を中心に粘着シートを設置すれば、高い確率で捕獲する事が期待できます。

しかし実際にはラットサインを見つける事は素人には容易ではなく、見当違いの場所に設置してしまうケースが多いです。

安いからといって粘着シートに頼った駆除方法を継続すると、駆除期間を長期化させてしまう原因になってしまう事もあります。

しかも安価な商品の中には品質の劣る商品も見られるので、余計な出費となってしまいます。

粘着シートの利用よりも別の撃退方法を考えた方が得策です。


【よくある対策 その3】

■バネ式・箱式のネズミ捕りを設置して捕まえる

ネズミを撃退するには様々な対策が存在してます。

根本的な解決とするにはそれなりに費用がかかるので、できるだけ出費を抑える方法として利用されるのがバネ式、箱式の捕獲器の利用です。

これらの利用は、まず簡単であるという点で大きなメリットがあります。

あまりにも昔ながらの方法で、設置するだけのシンプルさが特徴です。

気軽に利用できますが、効果が得られるかは利用の仕方で大きく変わります。

被害の中で多いのが屋根裏での徘徊です。

不気味な足音をさせながら毎晩の様に走り回る音で眠れず、睡眠障害になる人もいます。

不眠は翌日の仕事に影響する事も多く、仕事中のミスや勘違いを頻発して精神的なダメージを受ける人も少なくありません。

この様な屋根裏で走り回る状態を解決する為にバネ式、箱式の捕獲器を屋根裏に設置する人がいます。

この方法は一見効果が期待できそうですが、実際には捕獲する事は殆ど不可能なんです。

その理由は、ネズミにとって屋根裏は餌場ではなく、運動をする場所として使用しているからです。

バネ式、箱式に仕掛けられた餌には見向きもせず、ひたすら運動をするだけなのです。

バネ式、箱式の捕獲器を設置するのなら、餌場として利用しているキッチンを中心として設置した方が高い確率で捕獲する事ができます。

バネ式に関しては見た目通りに一瞬にして捕らえる事ができる反面、バネを外して死骸を取除く作業をしなければならないという問題があります。

たとえ撃退したとしても、有害な菌の塊に触れてしまうのではないかという不快さがあります。

箱式は定期的に餌を取替えなければならないという煩わしさと、場所を占めるという点でデメリットが感じられます。

更にバネ式、箱式の捕獲器の設置は他のネズミの警戒心を煽る事にも繋がり、駆除期間が長引く要因の一つにもなります。

また、一度に一匹しか駆除できないのも効率的ではありませんね。

ホームセンターでは500円から1000円位の価格帯で販売されているので、気軽に購入できます。

しかしバネ式、箱式の捕獲器の使用は補助的な方法の一つとして考えた方がよいです。

ネズミ撃退のお勧め方法は超音波の【ネズミガード】

毒エサや粘着シート、バネ式、箱式の捕獲器を使用するよりも、もっと確実で費用をかけないで済む方法があります。

それが超音波を使用した撃退方法なのです。

ネズミが嫌う周波数の超音波を発動する事で、寄せ付けない効果が得られます。

死骸の処理をする手間もないので、衛生的です。

超音波機器は数多く販売されていますが、中でも【ネズミガード】は格安価格である上に高い効果が期待できる事から多くの人に利用されています。

ところで市販の機器の中には、コンセントタイプの商品があります。

一見パワーがありそうで良さそうに思えますが、設置する場所によって効果に大きな違いがあります。

コンセントのある場所だけに固定されてしまうと効果が発揮できない場合もあります。

そして同じ周波数しか出せない機器では短期間で慣れてしまう場合もあります。

その点【ネズミガード】は電池式なので、屋根裏やキッチン等の頻繁に出没する場所を選んで設置する事ができます。

しかも周波数を4分ごとに変える事ができるので、効果を長期間持続させる事が期待できるのです。

幅10.8cm、厚さ2.4cmで重量は98gしかないので、簡単に移動する事ができます。


【POINT 1】

そして発信角度は180°で、障害物がなければ約70坪の範囲まで効果があります。


【POINT 2】

超音波には反射する性質があるので、適切な場所に設置すれば部屋の隅々まで効果が伝わります。


天井裏や押し入れ奥など被害がある場所に設置すれば、【ネズミガード】が超音波を発信します。

その日に撃退効果がある事もあると言います。

 


多くは長期間使用する事で、不快な場所として認識され、ネズミは家に近づかなくなり被害が減少していくことでしょう。


設置方法はいたって簡単です。


この【ネズミガード】1台12800円ですが、2台目の購入を希望する人は22%オフの19800円で購入する事ができます。

しかも毎月5名限定で条件を満たせる人にはキャッシュバックの特典が受けられます。

超音波は人の耳には殆ど聞こえないです。ハムスター等のげっ歯類の動物以外の犬や猫のペットには全く影響がないので安心です。

まとめ

完全なネズミ撃退をするには、できるだけ早めの対策を講じる事が肝心です。

放置すれば侵入経路は更に複雑化し、問題を解決するのが難しくなります。

ホームセンターには数多くの対策グッズが販売されています。

どれも業者が使用する事もある高品質な商品が多いです。

しかし、多くの人は使用方法が適切でない等の理由から商品の効果を発揮させる事ができない場合があります。

特に毒エサや粘着シートは事前に侵入経路を発見できるかが効果の差に大きく影響してくるので、駆除しきれないケースが多いです。

素人が効率的に駆除する為には、寄せ付けない環境作りや超音波機器等の使用が欠かせないのが現状です。

超音波機器の購入はそれなりに費用がかかります。

しかし毒エサや粘着シートを購入し続ける事を考えれば、決して高額な費用には感じられないはずです。

しかも、駆除業者に依頼するとなれば、更に高額な費用が必要になる事が予想されます。

被害の状態や出入り口の数が多い事を理由に、20万円以上の費用が必要になる事も珍しくありません。

築年数が多い古い住宅等は破損部位の修繕費用が加わる事もあり、更に高額になる事もあります。

極少数ですが、悪徳業者も存在します。

高額な費用を請求されるケースもありますので、注意が必要です。

ネズミは放置すると驚異的なスピードで数を増やしていきます。

1度で5匹以上出産し、短期間で出産可能な状態になります。

餌場があり、巣作りの環境に適していると判断すれば、わずかな期間で最初の数倍の数にまでなる事があります。

不用品を処分し、巣作りに必要な紙切れやビニール等のゴミが無い環境を維持します。

環境の改善には、家族の理解と近隣住人との協力も必要です。

しかし、被害に遭っている事を周囲の人には言い難いのが現実ですね。

どうぞ問題解決の切り札として、超音波の【ネズミガード】を大いに活用なさって撃退してください。


■購入サイト■

超音波によるネズミ撃退法【ネズミガード】


■LINK■